豊橋市出身の現役プロ野球選手特集!豊橋男の藤井選手!三河のドクターK森福投手!その他は???

豊橋 野球選手 三河・豊橋

豊橋市出身の現役プロ野球選手一覧(2019年時点まとめ)

愛知県といえば、メジャーリーグで数々の記録を打ち立てたイチローが生まれ育った地。中日ドラゴンズの本拠地があるなど野球との関連が深い都道府県。我らの豊橋市からは野球選手のスーパースターが輩出されているの?と気になりましたので調べてみましたところ・・・・

藤井 淳志選手(中日)、森福允彦選手(ソフトバンク)、中川大志選手(横浜)、谷川原 健太(ソフトバンク)、藤嶋 健人(ふじしま けんと)の5名の選手がいました

藤井 淳志

藤井淳志選手(1981年5月20日)
外野手:中日ドラゴンズ (2006 - )

愛知県立豊橋東高等学校で筑波大学・NTT西日本を経て2006年に中日ドラゴンズに入団。高校時代は一年秋から遊撃手兼投手でレギュラー、三年生の時は4番打者として活躍した。プロ入り後はスイッチヒッターで走攻守3拍子揃った外野手として代打・代走・時にはレギュラーとして活躍中。球団の野手最年長。豊橋球場では滅法強いことが有名!

野球以外では「FJ HOUSE」というカフェを経営。ぜひ、藤井選手ファンは訪れてほしい。

森福 允彦

森福 允彦(1986年7月29日 )
投手:福岡ソフトバンクホークス (2007 - 2016)/読売ジャイアンツ (2017 - )

高校時代は高校2、3年の夏の大会で準優勝。高校2年時には56イニング自責点0の記録を達成。三河のドクターKとして三河野球の一斉を風靡した。ソフトバンク入団後は徐々に力をつけ、セットアッパー・抑えとして活躍、2011年には優勝の立役者となった。逆転優勝の立役者となることが多いことから福の神とも呼ばれている。その後、巨人にFA宣言で移籍した。左のサイドスローからスライダー、シュート、右打者の内角を突くストレートを軸にコーナーを攻めて打者を打ち取るタイプで右打者にも強い。

中川 大志

中川 大志(1990年6月8日 )
内外野手:東北楽天ゴールデンイーグルス (2009 - 2017)/横浜DeNAベイスターズ (2018 - )

実父が監督の桜丘高校で1年時から4番打者。桜丘高校から楽天ゴールデンイーグルスに入団。その後、2013年にはイースタンの本塁打王と打点王の2冠に輝くが一軍で大きな活躍ができず2017年戦力外となった。しかし、横浜DeNAが獲得し、現在は横浜で代打切り札としてのプレーを期待されている。

谷川原 健太

谷川原 健太(1997年4月16日 - )
捕手:福岡ソフトバンクホークス (2016 - )

高校通算41本塁打の強打を誇るスラッガー。豊橋中央高校からソフトバンクに入団後は2・3軍で試合に出ている。1軍登録、レギュラー獲得できるか将来を期待!

藤嶋 健人

藤嶋 健人(1998年5月8日)
投手:中日ドラゴンズ(2017 - )

野球の強豪東邦高校では3年時主将兼エース兼4番打者として活躍。1軍でデビューし、初勝利も記録!現在は血行障害となり、血行障害のカテーテル手術を受け、2軍で調整中。早く復帰してほしい!

まとめ

球団の最年長野手で豊橋で滅法強い地元孝行の藤井選手。ソフトバンク時代セットアッパーといえば森福という球団を代表する投手。これからの将来が期待できる若い若手選手まで豊橋出身のプロ野球選手はたくさんいましたね!!