地方の土地持ちは金持ちか?地方の地主についての話

資産運用

地方の地主についての話

黄色いあひるは土地持ちの祖父がいる家庭に生まれ育ちました。高校生ぐらいの時から、不動産に関わる話を祖父・祖母から延々と聞いていました。当時はふ〜んとしか思わなかったですが、今になってみると、当時もっと深掘りしておけば良かったなと感じてます。今回は、土地持ちの実態について祖父母の話を元にまとめてみました。

ちなみに不動産投資について、私は素人。

地方地主ってどんな人?

地方地主さんは昔からその不動産を所有する地方に住んでいた人達が多いです。

現在の地方地主さんは元々農業をするためにその土地に広大な農地を所有していました。かつては農業が盛んだったことと土地の値段が非常に安かったためです。

しかし、経済発展とともに、都市開発が盛んに行われ、農業以外にも利用できるようになる場所も出てきました。その結果、土地の価値が上がり、地主=金持ちといった認識がされるようになりました。

また、都市開発のために農地である必要がなくなったので、農地をやめてマンション・アパート経営や土地を貸し出しを始める地主の方も現れました。また、近年では高齢化や相続税対策をきっかけに農業をやめて不動産を始める人も多いです。

ただし、開発が進まず利用価値が低い土地は『農地』のまま放置されています。

土地を農地とすることで固定資産税が非常に安くなります。

地方の地主はお金持ち?

土地自体がそれなりに高価なものですので、資産としてそれなりの金額を持っていることになります。平均的な2階建て住宅がおおよそ65m2(20坪)であると考えると土地の値段の高さはわかりやすいですね。

しかし、土地は持っているだけではお金を生みません。実際に、地方の地主さんは所有している土地をきちんと活用できているのでしょうか?

地方の地主って儲かっているの?

不動産を上手くやっている人は儲けています。規模・場所で大きく変わるので参考程度ですが、私の聞く話では月30万~200万円程度を堅実に儲けている方が多いです。

ただし、元々土地を所有しているので土地の初期投資が0と圧倒的に有利なのは間違いないですが、必ずしも儲かっているかというと・・・そうではない

例えば、私の周りの90年代にアパートを建設した方の話を例にとると・・・
・周りに綺麗な新しいアパートの乱立により入居者が思ったように入らない
・なので賃料を安くせざる得ない
・メンテナンスのための維持費がかかる
・過疎化が進み地方に人がいなくなった

などなど、地方ならではのなかなか難しい点も・・・・

地方の土地持ちも不動産についての知識が必要

土地を持っていること以外は普通の不動産投資と同じ立場です
地方の地主でもお金持ちになるためには不動産の知識と土地運が必要です!

失敗すると・・・逆に負債になりますね。そして、利用価値の低い土地は売れにくい。まさに、負の連鎖。

最近では相続税対策でアパート・マンション建築が流行っているけど、将来大丈夫か不安ですね〜